読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏差値ふぉーてぃー

教科書捨ててブログしてる偏差値40台の高校に通う高校生のブログ。

僕が絶対に「Apple Watch」を購入しないたった1つの理由

ライフスタイル ガジェット-iPhone ガジェット
watch-756487_640

なんだか「Apple Watch」の波が去ったような気がしますが、私はその波には一切乗らずにここまできました。

それは自分のライフスタイルを見極めて、そもそも「Apple Watch」購入しても意味がないと感じたためです。今回は、そのたった1つの理由をお教えします。

たった1つの理由とは

よく購入しない理由として腕時計と比較されたりする場合がありますが、そもそも「Apple Watch」が時計ではなくデザタルデバイスと解釈したほうが正しいように思えます。

そう考えると、デジタルデバイスとしては大変優れていて十分な性能です。

また、単体では意味がないというのも今のところ時計関連のデジタルデバイスなんてそんなものなので理想論を語って、いただけないといっても...。

こんなことをよく言っている人がいるのですが、今の現状ではどうしようもないです。

僕の購入しない理由はもっと簡単です。

結局iPhoneになる

正直申し上げると「Apple Watch」に通知が来ても、LINEだったらテキストの返信が出来ず結局iPhoneを開いてテキストで返信をします。

というように、いくら通知を受けとってもiPhoneで何かをすることが多くなることを考えると最初からiPhoneを見ておけばいいわけです。

iPhoneと接続しないと使い物にならないことが多いのは別に構わないのですが、単体としてこなせる作業が少なすぎます。

下記の記事では、「Apple Watch」をしようすることでiPhoneの利用頻度が減るかを調べています。

Apple Watchを使うと、iPhoneを見る回数は本当に減るのか

使用時間に大きな差は出ず、立ち上げ回数だけ減っています。というのは、自分のライフスタイルとして「Apple Watch」で閲覧出来れば良いことの方が多いか、iPhoneでの作業量が多いかでかなり変わってきます。

ライフスタイルとして、通知を得てそれに対してアクションを起こす必要のあるSNSなどを多用している若者は通知を受け取るだけでは不便でしょう。

ただ、カレンダーだけ確認したい。通知は受け取っておけば十分という人にはiPhoneを取り出すことなく閲覧できるため非常に便利なものになります。

私自身も自分のライフスタイルを見極めてこそ、購入しないという結論に至りました。みなさんも自分のライフスタイルを見極めてみてください。

広告を非表示にする