読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏差値ふぉーてぃー

教科書捨ててブログしてる偏差値40台の高校に通う高校生のブログ。

TOKYO MXをAndroid,iPhoneから見られる「エムキャス」がすごいぞ

ガジェット-アプリ インターネット ガジェット-iPhone ガジェット
4dff9837

7月1日からTOKYO MXが、Android,iPhoneから見られる「エムキャス」というアプリを公開しました。

「エムキャス」TOKYO MXがスマホで見られるアプリ

東京ローカル局ながらも、テレビ界で公式に視聴アプリを発表するのはTOKYO MXが初めてです。というわけで、このアプリのポイントを押さえつつ、紹介していきます。

とうとうTOKYO MXスマホ

まずは、早速起動して…。

IMG_0058

くるぞ…っておい!アンケートかよ。
華麗にスルーするか、丁寧にアンケートに答えると…。

IMG_0059

ほい!来ました。見事視聴できています。

画面は、上部にプレイヤーが表示されて番組が流れ続けます。下には番組表があり、最下部の日付の部分と連動して動くようになっています。

最下部の左下には、全画面表示ボタンもあるので横表示にすることができます。

IMG_0060

そして、こんな感じでスクロールをして番組表を閲覧すると…ありますした「ニセコイ」や「アニソンCLUB」も配信されるようです。

って、それだけではありません。アプリがよくできていて、スクロールした際には左下にプレイヤーが小さく表示されるようになっています。

IMG_0061

といったように、簡単にTOKYO MXの番組を閲覧することができます。ここからはエムキャスのすごいところと惜しいところを紹介していきます。

エムキャスのすごいところ

全国どこでも視聴可能

東京ローカル局である、TOKYO MXは関東でないと視聴することができませんでしたがアプリ化されたことで全国どこでも視聴可能になりました。

アニメ作品などを多く扱っているTOKYO MXはどこの地方局よりアニメの放映日が早く、いつもなら関東より放映を待たされる地方在住のアニメファンでも、より早く視聴可能です。

視聴予約ができる

エムキャスでは視聴予約をすることができます、番組表の右側にあるプラスボタンをタップすると、視聴予約リストに追加されます。

IMG_0061 2

先ほどの画面の右上にあるボタンをタップすると、下記画像のように視聴予約済みリストが表示されます。

IMG_0067

最適な画質選択もできる

プレーヤーを横画面にすると、下中央に「キレイ」と書かれたところがあるのでタップします。

IMG_0063

そうすると画質選択のダイアログが表示され「サクサク」〜「大画面用」まであり、モバイル回線で閲覧することから大画面に出力することも想定するという、すごい力の入れ方です。

IMG_0064

エムキャスの微妙なところ

配信タイトルが限られている

現在、配信タイトルが限られており公式ページにも書いてある下記のタイトルのみの配信に限られています。

ニセコイ 1st Season Selection
シュタインズ・ゲート
洲崎西
東京乙女レストラン
絶体絶命でんぢゃらすじーさん
てーきゅう 5期
うーさーのその日暮らし 夢幻編
ワカコ酒
月刊ブシロードTV
ゲームクラブeスポーツMax
ナルどマ
都知事定例会見
VENUS PROJECT
アニソンCLUB!
爆走兄弟レッツ&ゴー!!
西部邁ゼミナール
営業の達人
ショップチャンネル

東洋経済オンラインに記載されていた内容によれば、以下の内容のため許諾がとれないと配信することができないようです。

MXの「神アプリ」は、日本のテレビを変えるか | オリジナル | 東洋経済オンライン

放送番組をネット配信など放送以外で利用する場合、出演者、音楽、原作、関連映像、写真の著作権者などの許諾が改めて必要となり、どこか1カ所でも許諾を得られなければその番組は配信できない。

1年間の試験運用とのこと

エムキャスは実証実験で、リクルートホールディングスとの業務提携により行われているとのこと。そのため期間は1年間となっています。

ぜひとも、続いて欲しいですがどのようになるか不明です。

まとめ

いかがでしたか?

いよいよテレビもネットでの配信に流れていくのでしょうか、テレビの見方が変化している今日一人一人スマホで見る時代にシフトしてきているかもしれません。

ネット配信の先駆者となったTOKYO MXに続き、別の地方局やキー局でもこのような形態をとるところが出てくるかもしれません。

あんまり期待をしていなかったテレビですが、少し希望が持てるような気がします。

テレビが無料で視聴できる!エムキャス
カテゴリ: エンターテインメント, ニュース