読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏差値ふぉーてぃー

教科書捨ててブログしてる偏差値40台の高校に通う高校生のブログ。

Sol Republic「SHADOW WIRELESS」を3か月使ってみた感想とレビュー

ガジェット ガジェット-アクセサリ レビュー

f:id:quoqlishkun:20160918230223j:plain

通学時にイヤホンが絡まって非常にムカついていました。

イヤホンを取り出して、ケーブルを伸ばしiPhoneのイヤホンジャックまで差し込む。とにかく、面倒くさくてしょうがないので前から気になっていたBluetoothイヤホンを購入してみました。

特に注目していたわけではないのですが、中古で安く売っていたのと、見た目が好みだったというただそれだけの理由で、Sol Republic「SHADOW WIRELESS」を購入したのですが、思いのほか良い製品でしたので、レビュー記事を書くことにしました。

外観レビュー

f:id:quoqlishkun:20160918225901j:plain

f:id:quoqlishkun:20160918225906j:plain

f:id:quoqlishkun:20160918225909j:plain

ラバー素材のようで非常に肌触りが良く、固くもないのでどんな人にもフィットするようなデザインになっています。

f:id:quoqlishkun:20160918230002j:plain

f:id:quoqlishkun:20160918225956j:plain

ハードボタンは装着した状態で、右は手前から音量ダウン・再生/停止・音量アップ。裏には電源ボタンがついています。

f:id:quoqlishkun:20160918225957j:plain

左裏には充電するためのmicro USBケーブルが差し込めるようになっています。

f:id:quoqlishkun:20160918230218j:plain

f:id:quoqlishkun:20160918230223j:plain

ところどころに光沢感のある素材を使っているのは、高級感が感じられます。ボタンに使わないところが、センスを感じられます。

ロゴもカッコよく配置されていたり、ラバー素材の部分は目立たなくなっていたりと細部までこだわりが見られます。

スマートですぐ使える常用イヤホン

スペック

通信方式:Bluetooth標準規格Ver.4.0
再生時間:8時間
ワイヤレス範囲:約10メートル
保証期間:1年
重量:約30g
付属品: USB充電ケーブル、イヤーチップ(4サイズ)

ほど良い低音がポイント

音質ですが、どの音域も比較的安定して鳴ります。J-POP、クラシック、EDM、ヒップホップなど色々と聴いてみましたが、さほど違和感は感じられませんでした。

どの音もクリアに聞こえて、この価格帯から少し下ぐらいまでの有線イヤホンと変わりはないです。

Bluetoothイヤホンとしては最高です。

ただ、低音寄りの音作りになっているので、高音は少しシャリシャリするような解像度の粗さが若干感じられます。女性ボーカルよりかは、ドラムやシンセがズンドコなっているEDM、ヒップホップの方が得意だなという印象は受けました。

音質とは関係ないのですが、イヤホンの音量が標準で大きいので結構な音量になります。個人的には、デカい音量で聴きたいので満足なのですが、気になる人は気になるかもしれません。

とにかく快適な付け心地

Bluetoothイヤホンを買うにあたって気になるのが、この首に当たる部分。筆者もこれは結構違和感につながってしまうのではないかと危惧していました。

しかし、硬めのゴムのような素材と、約30gという驚異的な軽さのおかげでしょうか。違和感がなく、肌に当たっているのかも分からないくらい、気になることは一切ありません。

身に着けてみないと分かりづらいのですが、本当に気になりません。

首に当たる部分から伸びているケーブルも丁度いい長さで、ケーブルが顔に当たったりしたことは一度もありません。どんな態勢でも付け心地が変化することはありません。

ただ、驚異的な軽さと書いただけあって本当に軽く、運動をしたりするとすぐに外れてしまいます。運動をする習慣はないのですが、これをつけて走ったときに首に当たる部分が浮いてしまいました。

スポーツ向けというよりか、通学時など普段使いといった印象です。

通話から何でもできる操作性

首にかかる部分に電源ボタンがついているのですが、電源を付けた瞬間スマホにサクッと繋がります。Bluetooth機器ってこの場面が一番煩わしく感じてしまうのですが、ここでつまづかないのですぐ音楽を聴く状態にできます。

また、マルチポイント接続ができるので、他のデバイスとの切り替えがすぐできるので、いちいち接続解除したりせずに済むので快適です。

もちろん、ハードのボタンで音量調整や再生ができるのも魅力なのですが、バッテリーが少なくなったときに警告をアナウンスしてくれるところも良心的です。これも一回でなく、二回繰り返し警告してくれます。

ハードのボタンで惜しい点としては、装着した状態で右の一番奥に音量アップボタンがあるので、少し押しづらくなってしまう点でしょうか。慣れると分かるのですが、最初のうちは音量アップなのか分かりづらいです。

バッテリー持ちも問題なし

一日は余裕で持ちます。電源を入れっぱなしにしておいても、全然平気なので普通のイヤホンと同じ扱いで全く問題ありません。

公称値は8時間ですが、筆者は登下校時や休み時間、放課後などずっと使っていてもバッテリーは持っています。

ただ、バッテリーが少なくなったときの警告からは、バッテリーの減りが極端に早く30分音楽を聴き続けることは難しいです。

まとめ

このイヤホンを購入してからというものの、常用イヤホンはこのイヤホンになり、勉強するときにも活躍するようになりました。

他のBluetoothイヤホンを持っていたわけではないので、分かりませんが、このイヤホンを買っておけば間違いないと思います。音質、デザインを取っても価格相応で高級感を感じます。

お金に余裕があるようなら、こちらの製品をおススメします。

広告を非表示にする