読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏差値ふぉーてぃー

教科書捨ててブログしてる偏差値40台の高校に通う高校生のブログ。

今なら、中古で5千円で買える「キャノン スピードライト270EX」レビュー

f:id:quoqlishkun:20160510155014j:plain

みなさんこんにちは。久しぶりのカメラ機材購入です。

今回はキャノンから発売されている外部ストロボ「スピードライト270EX II」の旧機種にあたる「キヤノンスピードライト 270EX」を購入しました。

購入動機

  • スピードライト270EX IIが1万3千円前後で販売されているのに対し、本製品は中古だと5千ほどで購入することができる
  • 外部ストロボを使った撮影テクニックを覚えてみたかった

実機レビュー

f:id:quoqlishkun:20160510141020j:plain

本体はこんな感じ。

サイズ感としては、男性の手で握れるくらいの大きさです。おにぎりみたいな大きさですね。とてもコンパクトです。

上部にはロゴがついていて、下部には電源スイッチと動作している際に転倒するランプがあります。

さらにその下には、取り付けた際にロックすることができるスイッチがあります。

f:id:quoqlishkun:20160510142411j:plain

横には、単三の電池を入れるところがあります。カバーがこのような開き方をするので、取り出しやすいです。

f:id:quoqlishkun:20160510145835j:plain

正面からです。手があるとわかりやすいです。

カメラに装着

f:id:quoqlishkun:20160510143211j:plain

EOS Kiss X7に装着したところです。カメラが縦に長くなった印象を受けます。ただ、小型なのであまり重くなってないです。

f:id:quoqlishkun:20160510144019j:plain

電源をつけて、ファインダー側から見た状態です。ランプが転倒しています。

f:id:quoqlishkun:20160510145327j:plain

ガイドナンバー22のスピードライトの使用をこのように引き延ばすことで、ガイドナンバー28のスピードライトにすることができます。

f:id:quoqlishkun:20160510145215j:plain

上方にバウンスして撮影することもできます。

撮影と比較してみた

ストロボなし

f:id:quoqlishkun:20160510151917j:plain

薄暗く、端末のゴールドが映えていません。狭い部屋の中で屈んで撮影すると、影ができてしまったりします。

ストロボあり

f:id:quoqlishkun:20160510151920j:plain

端末のカラーはぐっとわかりやすくなりましたが、手前は明るすぎて白飛びしてしまいそうになっています。

同時に、赤いケースもキツイぐらいに主張しています。近くからの撮影だからだと思いますが、いかにストロボが強力かよくわかります。

 バウンス撮影

f:id:quoqlishkun:20160510151924j:plain

程よくやわらかく光が当たっていることがわかります。

端末のカラーであるゴールドも再現度が高く、きれいに撮影できています。編集することなくそのままブログに写真が使えそうです。

くぉくんのまとめ

いかがでしたか?

外部ストロボの威力はすごいです。ポートレートも綺麗に撮ることができますし、なんでもかんでもストロボで見違えます。

まあ、時にはストロボに頼りつつ、頼らなくても良い写真が撮れるようにしないといけませんね。

ストロボはレンズほど値段は高くないので、一つ買っておくとよいかもしれません。

広告を非表示にする