読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏差値ふぉーてぃー

教科書捨ててブログしてる偏差値40台の高校に通う高校生のブログ。

高校生が利用率80%越えてるLINEを消してみたんだが

学生 ガジェット-アプリ ガジェット

f:id:quoqlishkun:20160506080544j:plain

どーも!キニキャスでくぉくんと一緒に喋っていたそーさんです!今回ブログに寄稿させていただきます、よろしくお願いします。

今回、「ある事」について実験してみました。どんな事に挑戦したかというと...(タイトルでバレバレとか言わない)

ケータイからLINEを消してみました!はい!

LINEが強すぎる

もうLINEって必需品ですよね!三種の神器ですよね!(残り2つがなんだかは知りませんが...)

メールとか電話より手軽で、メールより簡単にやり取り出来るし、既読が付くから相手が見てくれたか確認できて便利ですよね。

ですが、その一方でチャット形式に既読機能が相まって、話しすぎちゃったりするし、なんか訳わかんないやつから「あの子ふられちゃったから励ましてあげて!」とかいかにも怪しいチャット飛んでくるし、既読を変なタイミングで付けてそのまま放置すると後々めんどくさいし、挙げ句の果てにはブロックとかで揉めるんですよ、はい。

わたしは思いましたよ、「消せばいいんじゃね?」

そんな時、ちょうど2年縛りが解けて機種変する機会がありました。せっかくなので、前の機種にLINEアカウント残したまま新しい方には何も入れないでみました。

実質パソコンでLINEしてるのと変わらない感じですね。そんなこんなでケータイからline消して1ヶ月経ったんで気づいたことを書いていきたいと思います。

LINEを消して気づいたこと

ケータイを触る頻度が少なく

基本的にわたしはLINEで友達とやり取りしてたんで通学中とかに返信が出来なくなりました。

単語とか覚えたいときにLINEが...みたいなことも度々ありましたが、LINEそのものが無いんで気にせず勉強できるようになりました。

あと、LINEの返信待ちにちょっとインターネットサーフィンなんてことも無くなったんで、ケータイの通信料がグンと下がりましたね!

やり取りしたい相手がわかる

LINEがあるときは暇なときにLINE開いては暇そうな人とかにだる絡み、みたいな事もありましたが、LINEが無くなると手軽なやり取りの手段がなくなります。

結果的にほんとに必要なときにしか連絡をしなくなりました。

面倒ごとに巻き込まれなくなる

LINEを使うとつい返信が早くなっちゃいますよね。

考えて返信する、ということが無いので、ついうっかり失礼な事とか言ってもめ事に...ってこともあったのですが、そういうことがなくなりました。

早い返事が必要なときに不便

LINEほど俊敏性に富むアプリってなかなかありません。

メールだと開封する手間とかありますし、文節ごとに送信されたらウザいですが、lineならチャットなんでそれが気になりません。

それに見たか確認したらもう既読が付くんで、忙しいときは返信しなくても見たことが相手に伝わります。みんなで集合するときとかはLINEの方がここの位置を一斉に把握できて、楽です。

そーさんのまとめ

こんな感じですかね。

やっぱりLINEって便利で、みんなLINE使うんで大切なこととかもLINEにいってしまって返信が遅れてしまう、ってこともありましたが、それはLINEの返信が遅くなると伝えればいいだけのこと。

LINEを消したことのメリット、特にケータイに触る時間が少なくなったのは大きなメリットでした。

ケータイに触る時間が減れば、ケータイの電池は食わない、通信料は下がるし、勉強時間は増える...それに、友だちと遊んでるときも集中、というと言葉は変ですがより熱中出来るようになりました。

チャットしたければメッセージでもiMessageでも使えばいいと思います。電話したければSkypeでも使ってください。LINEを消すことで得られるメリットはみなさんの想像以上でしょう。

以上、そーさんからでした!

広告を非表示にする