読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏差値ふぉーてぃー

教科書捨ててブログしてる偏差値40台の高校に通う高校生のブログ。

幕末志士というゲーム実況者にニコニコチャンネルでお金を払った

f:id:quoqlishkun:20160316182847j:plain

みなさん、こんにちは。有名ゲーム実況者である「幕末志士」というお二方をご存知でしょうか。私は、その実況者が開設しているニコニコチャンネルに月額540円払って加入しました。

ということで、幕末志士だけでなく有料サービスとクリエイターの話を書きます。

幕末志士って誰?

ニコニコ動画でゲーム実況を見たことがある人は知らない人はいないと思いますが、見ていないと全く知らないと思います。

幕末志士とは、二人組の実況者で坂本竜馬と西郷隆盛という幕末志士に扮したキャラクターでゲーム実況をしている人たちです。

2008年から活動を開始し、2015年には「幕末志士達のスマブラ64実況プレイ」で1000万回再生を突破し、ゲーム実況動画として初の快挙を成し遂げたことでも注目されました。

dic.nicovideo.jp

詳しくは、ニコニコ大百科をご確認ください。

ニコニコチャンネルって何?

ch.nicovideo.jp

企業・団体・ユーザーが動画や生放送、ブロマガ(いわゆるブログ記事)を配信できるドワンゴのサービスの一つです。

幕末志士のほかに、著名な人では岡田、メンタリストDaiGoなど様々な人がニコニコチャンネルを利用しています。

詳しくは、ニコニコチャンネルをチェックしてみてください。「え、この人が!?」っていう人がやっていたりしますよ。

何で実況者にお金を払うのか

ch.nicovideo.jp

純粋に好きですし、面白いからです。幕末志士は私がニコニコ動画を見始めたころ一番最初に見た実況者だったと記憶しています。

通常公開されている実況動画でたまらなく面白いのですが、お金を払うことで、会員限定の生放送を聞くことができたり、チャンネル会員のみに投稿されている動画を視聴することができるようになります。

幕末志士の生放送はすごく面白くて爆笑してしまいます。お笑いのライブを見に行くようなもので、お金を払うまでの価値があります。

と言ってもよくわからない人には「金を払うまで!?」と思われるかもしれません。

お金を払うのは、その人にしかできない事があるから払うのです。例えば、お笑いのライブを見に行くのはその人にしかできないものがあるから、見に行くわけですよね。音楽でもなんでもそうです。

それはゲーム実況も変わりません。私は彼らが幕末志士でしかできない実況、コンテンツを作りだしていると考えるからお金を払うわけです。

逆に誰でも出来そうな実況をする人にはお金を払いません。

クリエイターにとって大事なこと

受け売りじゃないものを作る

クリエイティブなことでも誰かの受け売りである程度のところまでは到達できると思います。インターネット上にも絵描きの人々が山のようにいますが。みんなすごい上手いんですよね。

ただ、全然売れないんですよね。というのは、誰かの受け売りで同じような萌え絵だったりを描き続けているからだと思うわけです。

絵描きはいつの時代も受け売りではなく、自分自身のオリジナルをあくまで追求し続けた人たちが注目を集めています。ピカソの類を見ない独創性から、細部まで背景を描き上げる新海誠*1など、どれもオリジナルです。

できないことはしなくてよい

コンテンツはその人が無理をして、出来ないことをするのではなくその人が出来ることをすればよいと思います。なぜなら、頑張れば頑張るほど、ひどく自分らしさを失っていく上に陳腐化していきます。

私はこうして普段真面目な文体で文章を丁寧に書くことが多いのですが、売れるからという理由で突然ふざけた文章書き出したら「は?」ってなりますよね。

それこそ、個性が削がれ受け売りだらけの人になってしまいます。

現実の厳しさを感じて、周りに合わせて受け売りを使えばたしかに最初は伸びると思いますが、最終的には頭打ちになってしまいます。どんな世界でもそういう人は山のようにいます。

*1:秒速5センチメートルなど細部の描き込みにこだわった作品を手掛けるアニメ監督