読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏差値ふぉーてぃー

教科書捨ててブログしてる偏差値40台の高校に通う高校生のブログ。

MMCX対応リケーブル「NOBUNAGA Labs TR-SC1V」購入&音質レビュー

レビュー ガジェット

f:id:quoqlishkun:20160212031504j:plain

みなさんこんにちは。先日、SE215を購入してウハウハしているのですが、昔使っていたイヤホンを復活できないかとMMCX対応のケーブルを探していました。

まあ、そのケーブルをそのまま使うのではなく、購入したケーブルをSE215に付け替え、SE215の純正ケーブルをさらに付け替えようということです。

ということで購入してきました。「TR-SC1V」です。

購入動機

  • 以前使用していたイヤホンもMMCX対応ながら、イヤホンケーブルを購入したことがなかった
  • どうせなら、リケーブルというものを試してみたかった
  • どの音も良く伸びるSE215に味付けをしてみたかった。また、低音域を強く出したかった

実機レビュー

外観

f:id:quoqlishkun:20160212022223j:plain

外箱、一眼レフのレンズカバーみたいな感じのプラスチックケースでした。まあこんな高いケーブルをペタペタのプラスチックの袋に入っていても困りますけどね。

f:id:quoqlishkun:20160212022420j:plain

イヤホン本体に取り付ける部分の端子。金メッキ処理がなされています。写真、左が本製品で右がSE215純正ケーブル。

f:id:quoqlishkun:20160212022539j:plain

ミニプラグ部分も金メッキ処理がなされています。

ケーブルの交換

f:id:quoqlishkun:20160212022821j:plain

本体部分とケーブル部分を爪でカチッと押さえながら引き離すと、簡単に取り外すことができます。

これで、本体部分とケーブル部分に分かれました。

f:id:quoqlishkun:20160212022922j:plain

そして新しいケーブルに付け替えます。付け替える際も、カチッと音がしてはめることができます。

f:id:quoqlishkun:20160212023230j:plain

ハイ、付け替え完了しました。

MMCX対応のイヤホンはこんな感じで簡単に付け替えることができます。やっぱり、こういうところが面白いですね。

聴いてみた

装着感としてはケーブルがしなやかで取り回しがしやすいです。また、ワイヤーもついていてSHURE掛けも問題なくできます。

ただ、タッチノイズが少しあるのが気にありますが音を出すとそこまで気にならなくなります。装着した瞬間吐きになる人は気になるかもしれません。

聴いてみるとすぐにわかるのは、低音域や中音域の音がはっきりと主張するように聴こえてきます。これまで埋もれていた音がなくなっています。

ただ、その代わり少々解像度が荒くなったかなという印象は受けます。

くぉくんのまとめ

いかがでしたか?

リケーブルを試してみたいという方にはもってこいのケーブルだと思います。それなりに聴けますし、個人的には好みの音になりました。

また、カラーバリエーションもバイオレッド、レッド、シルバー、ブルーと色が豊富なので女性などもとっつきやすい印象です。

1万円以内のリケーブルは...とか色々オタクの人たちの間では言われているようですが、あくまでもニュアンス程度の音の違いを楽しむようなものなので、あまり本気にせず購入してみましょう。

広告を非表示にする