読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏差値ふぉーてぃー

教科書捨ててブログしてる偏差値40台の高校に通う高校生のブログ。

たったの月額1600円!iPhone 5sと格安SIMのIIJmio運用

インターネット ガジェット-iPhone レビュー ガジェット ガジェット-キャリア・MVNO

f:id:quoqlishkun:20160106094041j:plain

妹がもう少しで中学生になるのですが、やはりスマホを買うという話になりました。しかし、そのままiPhone 6sを買うととてつもない値段になってしまうので母の使っていたiPhone 5s本体と格安SIMであるIIJmioを導入して運用することになりました。

というわけで、運用までの流れとどのくらい安く低コストで済ませることが出来たのかを実際に計算してみたいと思います。

家にSIMカードが届くまで

今回は、実際にこれでドコモなどのキャリアとの契約と同じように使っていきますので電話番号がついている「みおふぉん」を使用していきます。

www.iijmio.jp

通常のデータ通信SIMであれば、ネットでSIMカードを注文してアカウントと引き落とし先を登録すれば使えるようになるのですが、みおふぉんの場合は少し異なります。

www.iijmio.jp

購入方法としては通販でパッケージを購入する、もしくは直接申し込むかどちらかになります。アカウント登録や本人確認ができ次第SIMカードが発送されます。この段階については公式サイトで説明されていますので、省いていきます。

SIMカードが届いた

f:id:quoqlishkun:20160106093328j:plain

しばらくすると、SIMカードが届きます。パッケージは上記画像のようになっています。

f:id:quoqlishkun:20160106093404j:plain

赤い紙の中にSIMカードが入っているので取り出しましょう。

iPhoneでのセットアップ

f:id:quoqlishkun:20160106093437j:plain

ひとまず、母が使っていたものなので妹のために復元をしておきます。ピンを使ってiPhoneのSIMトレイを引き出しSIMカードを装着します。

装着したら、ひとまずセットアップをしてホーム画面へ。

構成プロファイルをインストール

www.iijmio.jp

しかし、このままでは通信することが出来ませんのでIIJが公式に公開しているiOS用の構成プロファイルを端末にインストールします。

f:id:quoqlishkun:20160106085711p:plain

上記で紹介したアドレスにiPhoneからアクセスすると上記ページに移動します。iOS 9端末ですので上の「構成プロファイルをダウンロード」というボタンをタップします。

f:id:quoqlishkun:20160106085920p:plain

そうすると、プロファイルのインストール画面に移動しますので「インストール」というボタンをタップします。その後もいろいろ承諾する場面が出てくるので手順に沿って進めていきます。

f:id:quoqlishkun:20160106090057p:plain

これでインストールが完了しました。これで使い物になります。

IIJのアプリをインストール

クーポンスイッチ
IIJmioクーポンスイッチ

IIJmioクーポンスイッチ

  • Internet Initiative Japan Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料

IIJが公式にリリースしているアプリは必要になってくるので、インストールしておきます。まず一つは「クーポンスイッチ」というIIJのプラン別にある高速通信が可能なクーポンのオンオフを切り替えることが出来るものです。

もっと簡単に言ってしまえば、高速と低速通信の切り替えが出来るアプリになっています。あとどれくらい高速通信が出来るかを確認することも出来ます。

みおふぉんダイアル
みおふぉんダイアルアプリ

みおふぉんダイアルアプリ

  • Internet Initiative Japan Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料

IIJの音声通話料金は通常だと20円/30秒という風になっています。しかし、通話先の電話番号に「0037-691」という番号を付けてかけると10円/30秒の半額で利用出来ます。

しかし、いちいち番号の前に付けるのは面倒です。しかし、みおふぉんダイアルというアプリを使えば通話先の電話番号に「0037-691」という番号を自動的に付けてくれます。

どのくらい得した?

低コストで抑えるためにIIJmioにしたわけですが、どのくらい得したのでしょうか。簡単に計算をしておきたいと思います。

iphone-mania.jp

上記サイトを参考にさせていただきました。キャリアはドコモです。

想定として、これからiPhoneを購入するとなるとiPhone 6sになります。そして、データプランはなるべく近いものを選択するという想定で計算していきます。

 料金
基本使用料 カケホーダイプラン2,916円
インターネット接続料金 spモード324円
データ定額料 データSパック3,780円
ユニバーサルサービス料 2円
合計 7,023円

本体料金を加算しない状態で、最低料金はこのくらいかかります。すでに高額な料金になっていますが、これに本体料金を加算すると...

 料金
機種代金 93,312円
月々額 -2,808円×24か月 (-67,392円)
実質負担額 1,080円

2年縛りで16GBでも1,080円になります。

 料金
合計 8,013円

そして、合計料金は8,013円になってしまい、一か月で1万円手前の料金を支払っていくことになります。

それに対しIIJmioは月額1600円なのでドコモでの合計料金どの差額を計算するとなんと6,503円になります。

まとめ

いかがでしたか?使用開始までの一連の流れを紹介してみました。手間もかからずさくっと始められて非常に快適した。

キャリアでの契約はお店に行ったりで非常に面倒ですが、格安SIMの場合は端末さえされば自宅で簡単にセットアップ出来ます。

値段も非常に低コストで抑えられるので、子供や祖父母などの携帯はお下がりのスマホを利用した格安SIMでの運用でも十分かと思います。余計なプランなどもなく、簡単に値段がわかるのでとっつきやすいのもあります。

今後、しばらくはこの運用方法をとっていきます。いやー、セットアップ疲れた。

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

 

 

広告を非表示にする