偏差値ふぉーてぃー

教科書捨ててブログしてる偏差値40台の高校に通う高校生のブログ。

ドコモでスマホを契約している人で電話しない人は「カケホーダイライトプラン」に変更せよ

f:id:quoqlishkun:20151228122959j:plain

先日、母のスマホを購入すべく近所のドコモショップへ行ってきたのですが、そこで契約をする際に「カケホーダイライトプラン」という「カケホーダイプラン」より1000円も安いプランが存在していることに気づきました。

どうやら、このプランはiPhone 6が発売された頃には存在していないプランでドコモの公式サイトによれば2015年9月16日より提供開始されたプランだそうです。

月額2700円もかかる「カケホーダイプラン」は電話する人であれば良いですが、しない人にとっては全く必要のないものです。今回は、それに変わる「カケホーダイライトプラン」を紹介します。

カケホーダイライトプランとは

f:id:quoqlishkun:20151228121918p:plain

従来の「カケホーダイプラン」では2年契約の月額料金として2700円の支払いが必要でした。内容は、国内音声通話が回数の制限なしで無料となるものです。

しかし、困ったことに従来のプランは「カケホーダイ&パケあえる」基本プランとして強制加入させられるため、誰でも支払う必要がありました。

そこで、登場したのが「カケホーダイライトプラン」です。このプランは5分以内の通話を無料とし、それを超過した場合は20円/30秒になるというプランです。基本プランなので強制加入を免れることができません。

そこで、このプランに加入をすることで非常に安上がりになります。

f:id:quoqlishkun:20151228122119p:plain

ただし、最大のポイントとしては対象となるパケットパックは5GBの「データMパック」以降となっており2GBの「データSパック」の場合は契約できません。値段的に釣り合いが取れなくなるのかわかりませんが、そのようになっています。

ドコモからのお知らせ : 「カケホーダイライトプラン」を提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

電話が必要ないなら変更しよう

これまでないプランのため、iPhone 6や5sを購入した時から契約内容を変更していないという人がいれば今一度確認をしておくべきです。

もし、高いお金を払っているなと感じたらこちらのプランへ変更しましょう。

広告を非表示にする