偏差値ふぉーてぃー

教科書捨ててブログしてる偏差値40台の高校に通う高校生のブログ。

告白と嘘告白で学んだ器が大きくてもモテないということ

f:id:quoqlishkun:20151114214631j:plain

かつて、こんな私にも誰かに告白した経験ぐらいあってそりゃあ引きこもりインターネット大好きお兄さんからしたらチキって死にそうなぐらい緊張したものです。

あの感情というか独特の胸の高鳴りっていうのは、正確でなくともなんとなく思い出せることです。しかしながら、遊び半分でやる嘘告白という中高生同士の謎現象があることも事実です。

nisi-su.hatenablog.com

西村純(にしすー) (id:nisi_su)さんが、少し前にこんな記事をあげていた時はまさか自分にこんなことが起こるとは思いもしていませんでした。まあ最近、それが見事なことに事実になったわけですが...

まあ、嘘告白なんてされたら誰もが傷を負って怒りを覚えそうなものですが、私は1ミリも傷を負う事なく怒りすら覚えませんでした。決して、呆れたわけでもなくそういうことが起きても驚かない環境だからです。

私の場合、嘘告白はLINEで起きましたがその本人(メッセを送ったのは本人ではなかったはず)が「引かないでください」と必死に懇願していて、それに僕は「別に引かないよ」と咄嗟に返信しました。器が大きいとか心が広いとかなんとか言われたわけだが、カッコつけでもなく本心ですしそれが当然だというここ構えでした。

この一件については、もう終わりになって特に話すことはなくなったのだが、そのことを起点に授業中頭のなかを巡っているのは告白という儀式についてです。

かつての勇気を振り絞った告白(もちろん惨敗している)も嘘告白と似たような心境の変化をたどっているような気がしてならいないのです。

quoqlish.hatenablog.jp

痛々しい黒歴史については上記記事から確認出来ます(チェキ!

この記事を見る度に思い出すのですが、どうやら私にとってこの勝負は惨敗に終わっているというのに”恋することで変われた”とまで言い切ってしまうのです。人間性を変えてくれたとか惨敗なのにすんげえ褒めているんですよね。

なんという太っ腹...器の大きさには自分でも脱帽です。

f:id:quoqlishkun:20151114212729p:plain

こんだけ器が大きければモテるとか誰かが言ってませんでしたっけ?とか思って、天下のGoogle先生に聞いてみたところ驚きの「652000件」という検索結果になりました。おお、こんだけ引っかかるということは私も当然ながらとか思ったものの...状況が全く一致しないことに気づき冷静になりました。

その時、思ったのは器の大きさっていうのは自分が自分で相手を意識せず納得するための手法なのではないかと思いました。自分が振られて本気で悔しがったり相手にムカついたりするよりも、これが当然だし満足だと必死に思ってしまうのはそういうことです。告白や嘘告白は自分と関係性が近いからという補正がかかることで、単に私は気づいたのです。

ラフに適度に器の大きさというのをアピールした方がいいのだと思います。私の性格上も問題もありますが、なんでも受け止めすぎるとキリが無くなってしまう上にカッコいいお兄さんじゃなくてそれが当然のお父さんに成り下がってしまい価値がなくなるのです。

私は元々こういう正確ですが、くれぐれも器が大きい男子とかに憧れて頑張ろうとしないでください。最終的にはただ言いように使われるだけになって、そこらへんの器の小さい奴がモテるのを見て、哀れな自分になって死ぬだけです。

お気をつけてください。

広告を非表示にする